2008年10月12日

集合知プログラミング その2

なんだかんだで全く読んでいなかった集合知プログラミング
EEEPCかったので、何となく続きを読み始めた。

せっかく買ったEEEPC使ってみたいので
取りあえず例のごとくコードをPHP西ながら読んでいるのですが。
EEEPCで本気で開発はあれだけど、遊び&ちょっと試すぐらいなら十分な感じ。

で本の方だが元々多少の誤差はあったんだが
18−19Pの例で明らかにおかしい結果になった。

例題で言えば-0.179とでるところが0となる。
誤差というには大きすぎるので、ソースを何度も見直すが
原因が分からない。
明示的に型キャストしても変わらないし・・・

Googleさんに問い合わせて
トライアウト ラボラトリ!さんのところでPHPのコードを載せておられるのを発見
私のコードと置き換えて動かして見るが直らない。
http://tryout-lab.com/category/%e9%9b%86%e5%90%88%e7%9f%a5%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0


で、ふと元データが悪いんじゃないか?と思い立ち最初のハッシュ部分を見てみると。
入力ミスがあるww
元データの値が1も違っていた。
それは誤差がでるな。

というわけで私が書いたコードは以下のような感じ。

続きを読む
posted by Belial at 23:51 | Comment(7) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。